• modeaoki

【金沢情報】2021年10月6日号に掲載されました。

更新日:3月12日

こちらモードアオキ服飾研究所

とうとう【金沢情報】「キラリ☆いしかわ人」の取材依頼がきてビックリだったけど

嬉しかったです。とても素敵に写真を撮って頂いてたくさんの人に声をかけられました。金沢情報やっぱりすごい!

「病気や障害でもオシャレを諦めない!誰もがファッションを楽しめる世界を仕立てたい」・・・「世界を仕立てる」!何て良いタイトルではないですか!

記事の内容を少し補足しながら書いてみます・・・

今年(2021年)6月、病気や障害で体が不自由な人でもオシャレを楽しめるよう服のリメイクサービスを開始>>>はい!自宅にアトリエ、済生会金沢病院の売店にサンプル品を展示してあります。


お気に入りの服を見た目はそのままにファスナー等を付ける等生活しやすいように仕立て直す>>>他にマジックテープやボタンを付けたりもできます。


きっかけは父の闘病中に市販品の入院服や介護服の少なさに驚いたこと「男性はチェック柄女性は花柄しかなく、どこか着心地も悪そうで・・・。好きな服を着せてあげられないのがすごく悲しかった」>>>私よりいちばん身近な母の方が悲しそうでした。


それから数年後、偶然にも年齢や障害にも関わらず誰もが楽しめる「ユニバーサルファッション」の概念を知り>>>金沢文化服装学院で講師として働いていた当時、他講師の授業をたまたま見学に行ったとき「ユニバーサルファッション」の内容でした。衝撃でした。


自分にも新しい可能性が生み出せるのではと思い立った>>>百貨店でのオートクチュール仕立ての経験と夫の売店の手伝い業務とのマリアージュ。コレだ!と思いました。


今後はリメイクはもちろん、後進育成にも意欲的だ>>>全国いや世界に広めて、洋裁の師匠から学んだ技術を自分だけで終わらせたくない!そして若い新しい感性でオシャレな介護のイメージを変えていってほしい!


「オシャレは元気がでる魔法。誰だって体が不自由になる可能性があるからこそ、一人でも多くの人に活動を広めたい。皆が好きな服を着られる世界を作りたいです」>>>私もいずれ介護される時が必ず訪れます。それでも私はオシャレを楽しみたい!!!



写真について・・・ちょっと?いやかなり太ったけど写真映りは良いかな(笑)

閲覧数:17回0件のコメント