ベルトの裏側

こちらモードアオキ服飾研究所


紳士用スラックスのベルト裏側が擦り切れの修理のご依頼です。

仕立ての良いものであるのは明らか!

擦り切れた布を別布に取り替えて、

先人の職人さんに敬意を表して、「織ネーム」を元の位置にまつりつけて完成。


「繕いながら大切に着る」

先人の職人さん、持主さんは大切に着ておられますよ。


リレーのバトンを受け取ったようで、とても誇りに思いました。

ありがとうございました!




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示