完全復元への道①

とうこちらモードアオキ服飾研究所


今回は45年前に買ったジャケットがあまりにもお気に入りすぎて

繕いながら着用していたが、だいぶ限界がきたので、新しく仕立てたいというご依頼です。


ご依頼された方は、80代の男性です。

40歳の時に一目惚れして購入したそうで、どんな時もこのジャケットを着てすごしたそうです。まだまだ青春を楽しみたいとのことで、仕立て屋さんを求めていたところ北國新聞をみて、アトリエに訪れてくれました。


そのジャケットがコチラ↓

穴が開くたびに、ご依頼主のお姉さまに繕ってもらっていたそうです

衿やヨークの補修のための当て布やステッチが、まるでデザインされたかのよう!


さて、同じ布でデザインシルエットを変えず、寸法は現在の体系に合わせていきます。

腕の見せ所です。



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示